記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄コレ 阿武隈急行8100系にライトと室内灯 その3 GMコアレスモーターを付ける

コアレスモーター動力ユニットがグリーンマックスからリリースされました。これを鉄コレの動力ユニットから置き換えて車内をシースルーにしたいと思います。

元の鉄コレ動力ユニットから台車レリーフと床下機器を移植します。

台車レリーフは少しキツイのですがそのまま入りました。

床下機器を付け替えます。サイズもそのまま行けそうです。

コアレスモーター動力ユニットの耳みたいな部分を削り取ったら何だかぴったり鉄コレのボディにはまりました。びっくりするぐらい簡単にはまってガラスとの勘合も何も加工しないでぴったり!

何と!車高までぴったりです!
いやーこれは嬉しい誤算!かなり手こずると思っていましたが動力ユニットの端を削るだけ、の加工で終わっちゃいました。グリーンマックスさん、ありがとう!ナイスな設計です。
動力車にもライトと室内灯を組み込みました。


コアレスモーターなのかどうかは別として、直ぐに動いてしまいます。コアードモーターとの差分は起動電圧が低い所から俊敏に反応できるため同じ電流値である一定の所までは反応が早いという特徴と機構として小型化できるためこんなに小型にする為採用したんだろうな~と思います。勿論モーターの駆動の為の回路を作ったりすれば違うんですが、それは駆動方法をデジタル化させないといけないので現実的では無いので、常点灯は諦めるしか無いなと思ってます。
庄龍鉄道さんで室内灯は対応したキットを販売しているようですがライトはアイディアが無いです。どなたか手法開発されて無いでしょうか?と問いたい気持ちでいっぱいです。かといってデジタル制御方式のDCCは採用できないレイアウトですし。


走ればつくはずなのでまずはこれで一編成完成です。
やった~!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。